2018年01月25日

SHOT SHOW 2018 SUREFIRE





今年もSHOT SHOWが米国で始まっております。

まずはアクセサリーで必須の気になるSUREFIREから。

各モデル出力向上モデルが増えています。

ロゴも変わって、2006年のカタログで比較しますと、キセノンバルブとLEDが共存していた頃からLEDが主流。

ARライフルのレイル製造は中止し、サプレッサーとハイダーの製造は継続、一部関連性のパーツも継続。

デザインもかなりシンプルになりました。

さて、弊社が気になるのはXCシリーズの新作「XC1-B Ultra-Compact LED Handgun Light」です。




GLOCK19に丁度合うサイズです。100ルーメンアップグレードされ、300ルーメンのランタイム45分、バッテリーはそのまま単4電池とサイズも電池コスパも優しいのはそのままです。

現在代理店のSHICHIYOさんのオンラインショップで予約が始まっています。
https://frontlines.jp/xc1-b/

M600DF DUAL FUEL SCOUT LIGHT


M600DF DUAL FUEL SCOUT LIGHTは1500ルーメン、正確には123A電池と18650リチウムイオン充電式バッテリーが両方使えます。
123A1200ルーメン で18650充電式バッテリーが1500ルーメン出力を予定しているそうです。


新作モデルはこちらで一覧で見た方が良いでしょう。
https://frontlines.jp/category/item/brands/brand-surefire/

メーカーとして増えていく、モデルの対応策として、旧モデルはバッサリと切り捨て、在庫を処分し、できるだけ統一し、管理しやすいように変化していくのは当然です。

ユーザーもコアなマニアしか分からなくなってきます。
 最近では海外製の安いLEDフラッシュライトも多く見かけますが、SUREFIREとの大きな違いはコンバーターで安いライト程、当然お金がかかっていません。

照射パターン、周辺光と中心光の距離感なども実は重要で、安価なメーカーとはそこが大きく格差があります。

SUREFIREのもう一つの特徴で、旧モデルやカタログ落ちしたSUREFIRE6P/9Pや関連のモデルなどは、純正部品ではありませんが、キセノンモデル対応のドロップインカスタムLEDモジュールが専門店で発売されています。

救済策があるのは押入れに眠る事が無く、現役で使えるのは良い事です。



<お知らせ>
BCM 300 BLACKOUT SBR/GBB
2月の発売予定です。

http://octstrategicstore.com/ca31/453/p-r-s/


再入荷お知らせ希望をクリックするとメールで入荷時にお知らせします
(自動返信メール着信で登録完了です 受信設定お願いします)


OCT Twitter https://twitter.com/oceancustom
個人様向けURL: http://www.oceancustomtactical.com/
法人様向けURL: https://www.m3dwoctstrategic.com/
OCT You Tube: https://www.youtube.com/user/OCEANCUSTOMTACTICAL
Facebookページ: https://www.facebook.com/OCEANCUSTOMTACTICAL
Instagram:https://www.instagram.com/oceancustomtactical/

弊社オンラインストアはこちらから。
PAYPALご利用できます

http://octstrategicstore.com/
会員登録でスマートなお買い物とポイントが2倍です。

BCM Compensator MOD1(レプリカ)


SAI GRY GBBライフル/SAIグレーラスト1


TTI G34 MOS RMRコンプリート


OCT G17/G18C/G22/G34用カスタムリコイルSPガイド(マルイ)


GunsModify GLOCK Gen3フレーム


新製品!新発売!Geissele タイプトリガー(マルイ次世代M4用)


BCM Compensator MOD1(正ネジ残小)


カスタム加工


OCT KACタイプアンビセフティ(マルイM4A1 MWS)


ステンレスセレクタークリック(マルイM4A1 MWS)


カスタムをもっと見る?



















Posted by オーナー  at 09:04